アレとかアレとかアレの雑記。
スポンサーサイト  

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク  
Breaking free from these memories  

 なんだかすごいカッコつけな題名になってますが。

元はこの歌です↓

 

 

この歌自体は確か4年ほど前につべで見つけた曲で、

このPVでChad KroegerにヒトメボレしてNickelbackに

はまった記憶があります(笑)

まぁ彼はAvrilとコラボすることでほんとに彼女と結ばれるわけですが。

 

初めてこの曲を聞いた時は「これ別れの曲なん?え、新婚さんやのに?

その割には最後『離さないで』ってどゆこと???ん?復縁か?」と

カオスな印象しかない曲でした。

 

で、最近久しぶりに聞くことがあって、ひょっとするとこんな意味なの

かな〜と感じることがありまして。

 

 Love that once hung on the wall
 Used to mean something, but now it means nothing
 The echoes are gone in the hall
 But I still remember, the pain of December

 

 Oh, there isn't one thing left you could say
 I'm sorry it's too late

 

 かつて壁にかけられていた愛(*写真みたいなもの?)

 あの頃は意味があったけど、もう今は何の意味もない

 家中に響いてた声はもう聞こえないけど

 あの12月の心の痛みはまだ覚えてるわ

 

 あなたが言えることなんて何もない

 残念ね、もう遅すぎるの

 

 I'm breaking free from these memories
 Gotta let it go, just let it go
 I've said goodbye 

 Set it all on fire
 Gotta let it go, just let it go

 

 想い出から解き放たれるの

 解放するのよ

 さよならして全て燃やし尽くしたわ

 想い出を手放して自由になるの

 

意訳なのはご勘弁を。

んで何故かふと思う、人って想い出という名の執着心を捨てることで

新しい人生を歩むことが初めてできるよね、と。

 

 You came back to find I was gone
 And that place is empty, like the hole that was left in me
 Like we were nothing at all
 It's not that you meant to me
 Thought we were meant to be

 

 戻ってきて僕がいないことに気付いたんだね

 僕の心に空いた穴のように全て空っぽだったはず

 まるで元から僕らなんていなかったかのように

 君は本当はそんなつもりじゃなかったんだろう

 僕だってお互い結ばれると思ってたんだ

 

 Oh, there isn't one thing left you could say
 I'm sorry it's too late

 

 君が言えることなんて何もない

 ごめん、遅すぎたんだ

 

そう考えてその先の歌詞を見てるとあぁなるほど、と気がしてくる

のです。

 

 I let it go, (and now I know)
 A brand new life, (is down this road)
 When it's right, (you always know)
 So this time,( I won't let go)

 

 全て捨てて(今わかるんだ)

 新しい人生が(今目の前に横たわっている)

 正しい時がくることを(君はいつでもわかっている)

 今度こそ(君を離しはしない)

 

 There's only one thing left here to say
 Love's never too late

 

 1つだけ言えることがあるの

 愛することに遅すぎるなんてことはない

 

 I've broken free from these memories
 I've let it go, I've let it go
 And two goodbyes, led to this new life
 Don't let me go, don't let me go

 

 想い出から解き放たれたわ

 解放したの

 2人のさよならがそれぞれ違う道へと導いたの

 もう離さないで 行かせないで

 

なんだよこれ復縁ソングじゃん、という意見も出てきそう

ですが・・・

個人的には恋愛感情とか甘ったるい気持ちはもう超えてしまって、

互いにそれぞれの人生を過ごしつつ、過去の自分や相手の気持ちを

受け止めた関係としていい関係でそばにいるのかな、という情景を

思い描いてしまいました。

 

*ちょっと話題ずれます

今やネットで恋愛関係の記事なんかゴロゴロしてまして、

例によっていわゆるスピ系の記事にはなんちゃらメイトとか

まるで昔の言葉でいう「運命の赤い糸」的なことを書いている

記事も何回か見たのですが、半分当たってるようで半分

違うと感じたりします。

確かに出会う人には「縁」というものがありますが、自分の

欠けたパーツを補うために相手が存在してる、というのも

ずいぶん自分勝手な理屈だし、そもそもその考えに「自分が

相手を幸せにしよう」「自分が努力しよう」という姿勢が

全くもって見えません。

っていうか人の魂が仮に2人分くっついたぐらいで大きな存在

にまでいきなり昇華できるかっての。

 

長い長い人生の中で、「大泣きするほど人を愛した」「苦しくなるほど

相手を求めた」経験も大事だと思いますが、全て過去のことを

自分の中で消化して、「心を揺さぶられない大きな愛」で

相手(というか自分の周り全般)を受け入れることも大事で

かつ必要なことなんだと思います。

まぁ年とったからこういう考えになるのかも知れませんが。

 

*閑話休題

とはいえ、AvrilもChadもこの後結局離婚されたわけで^^;

復縁の噂もあったみたいですが、実際はどうなんでしょうかね。

なんか音楽の仕事ではいっしょに仲良くやってる感じの記事を見ましたが。

ある意味この歌のとおりになったんでしょうか・・・

 

**それにしてもこの曲の和訳が訳す人によってこれほど

内容が違ってくるのか!というのに驚き(笑)

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
帰省シーズン始まりました  

 今年はきっかり15日なのね。

そいえばこないだなんかの話で、「亡くなってるはずの兄が

お盆に帰ってきて声まで聞こえたのに、家族全員がビビッて

しまって、せっかく来た兄貴を追い返した」という記事を

見て、「気持ちはわかるけどお兄さんお気の毒に」と

思ってしまった。

まぁ亡くなってそう日が経ってない状態で、家族が「成仏

してない!頼むから成仏して!」と思ったのも理解できる

話なんですが。

今年は無事受け入れてもらえればいいですね。

 

ま、それはさておき←さておきでいいのか

 

とうとう老眼始まっちゃいましてショックです・・・

まぁ今までも冬とか気温が低い時は視力が落ちたりして

見えにくいことはあったんですが、別に暗くても大丈夫

だったし、暖かくなれば視力が全回復してたのでそれが

当たり前だと思ってました。

が、今年春ぐらいからピントがすぐになかなか合わないわ、

夕方になったら字が読めないわで(草の間引きも然り)、

みんなに「老眼鏡買え」と言われてとうとう購入。

ついでにブルーライト対策の眼鏡も購入。

 

というか右目だけ見えにくかった(利き目だからでしょうね)ので、

眼科に行って検査してもらったところ、実は1.2としっかり

見えてる状態なんだけど、やっぱり老眼入ってきてるのと

ドライアイでそういう状態なんでしょうと。

先生は私と同い年だそうで、物凄く共感してくれたうえに

試供品のアイマスク(あっためるやつ)までくれました。

んで、疲労回復用とドライアイ用の目薬もらったんですが、

ドライアイ用だけでいきなり視力が急に改善したのもびっくり

しましたわ(笑)

 

おつかれなんですよ。

いやどっちの意味にとってもらってもいいですよ(謎

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
緑の手  

緑の手」というワードがあるらしいです。

「植物を育てるのが上手な人」という定義みたいですね。

別に特別なパワーがあるとかそういうわけではなく、リンク先の

文章にもある通り、「植物をよく観察している人」と言えると

思います。

 

先日ネット界隈をザッピングしてたら、緑の手とは関係ないんだけど

「元気のない植物をそこに置いたら復活する場所がうちにはある」

という文章を発見、よく読んでみるとどうも半日陰で人の目に

よくつく場所だそうで、「植物だって人に構ってほしい」

という文に思わずウンウンうなづいてしまいましたがな(*・ω・)

 

自分の周りで考えると、根本的にこの人育児に向いて

ないわー(まぁ多くは自分しか見えてないナルシなやつですが)

って人はまず間違いなく植物枯らしてます(笑)

まぁ枯らすまでいかなくても虚弱だったり、奇形だったり。

光と温度と水さえあれば放置してもいいと思ってる(いや野生の

雑草は当たらずとも遠からずだが)。

視点先が完全「相手」ではなく「自分」なので、何もしなくても

自分の思い通りの植物(相手)が育つと思ってる。

てか、植物(相手)をただの備品ぐらいにしか認識してない。

そのくせ「相手の気持ちがわからない」「一生懸命やってるのに

なんでみんな文句言うの?周りは意地悪ばっか、自分は被害者」

・・・ってそうさせとるのはオマエやろが!気付かんかーい!

 

あ、なんか話がビミョーにずれてきたな(笑)

とはいえ、かくいう私も多肉植物の株分けに2回ほど失敗して

おりますので、残念ながら「緑の手持ち」とは言えないのですが・・・。

 

発芽の時から自生している雑草ズは別として、人間の手で

作為的に発芽した植物達はちゃんと対話しながら最後まで

面倒みないと思うように育たないよ、というお話でした。

 

注:すぐ植物を枯らす人が全て上記ナルシであるという意味では

ありませんのでよろすこ(。-人-。) 

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
ヒトガタとは思えない独立感  

珍しく連投。

 

「○○'s got talent」繋がりで関連動画を見てたら腹話術が

出ていて、ちょっとハマってしまった↓

 

 

上記ガイコツパペットAchmedさんは生前はテロリストだったという

設定だそうで(しかしこのキャラでよく世界を周れるなぁ・・・)

「Silence! I kill you!!」が決めセリフみたいです。

このご定番セリフで「静かにしろ!コロス!」なんて言う割には

自分の肉体が骨になってることに動揺したり、笑い続ける観客に

対して裏声になってムキになったり、実は自爆してタヒんだ

わけではないなどオコチャマな可愛いキャラ(むしろ途中まで

死んだことに気付いてなかったみたいだしな・・・)。

別の動画ではフランス語で自己紹介するなど、ちょっと中二病を

くすぐられる愛しきオッサンだったりします。

 

他にもいろんなキャラバージョンとか、他の人の腹話術ステージを

観ましたけど、今のところ私の中ではこのAchmed氏が

ダントツトップ。

 

あ、いや、誉めるべきは大元の芸人さんだよね、そうだよね・・・(笑)

 

違う芸人さんですがこのキャラも好き↓

 

 

審査員に「ブサッ」とか「あの女タイプ」とか言いたい放題なのをキャラに

してしまうとは・・・

日本の漫才の掛け合いを1人でやってしまうってのがやっぱ才能としか

言いようがありまへんな。

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
famous, fabulous, blacky mite!  

 我が家のお嬢さんが留学から帰ってまいりました。

んでそのおみやげでもらったのが上記ベジマイト

(まぁ「おみやげ何がいい?」って言われて何も

思いつかなくて、ネタになるかと頼んだんだけどw)。

 

思い起こせばウン十年前、当時17歳だった私が

ホームステイしたのもオーストラリア。

んで、その当時はこのベジマイト、どう頑張っても

「食べたくない」カテゴリーだったのです。

いや、本当のこと話すと「喰わず嫌い」でございました。

あれから2○年経って、「まずくてもいいや、笑いの

ネタになれば」といざtryしてみましたら・・・!・

 

意外とイケる。

 

ニオイ→別に嫌じゃない。むしろ良い発酵系のニオイ。

ビール酵母のニオイがヤな人は嫌なのかも知れない。

 

味→ひたすらしょっぱい。醤油と味噌を合わせて旨み成分

抜いた感じ。これ単体で食すのは無理。

 

いろいろ調べてたら、「日本でいう味噌あるいは醤油の位置」

というのがわかったので、ネイティブのやり方(トーストに

そのまま塗って食べる)ではなく、他の食品と合わせる

やり方で消費することにしました(意外とイケるといいつつ

矛盾してる・・・?)

 

とりあえず目玉焼きに塩コショウがわりにベジマイト。

コショウちょっと足しましたけど、結構おいしかったです。

あと食べながら「あ、これバター足したらもっとうまいかも」

とも思いました。

あと、ポテトサラダorスパゲッティサラダに隠し味的に追加。

これもコクが増しておいしかった。

 

こう、なんですか、シンプルなんだけど「もうちょっとあと

一味欲しいよね」っていう時に、物凄い良い仕事してくれる

存在ですね。

例えばペペロンチーノ作って、「うーん・・・うまいんだけど

なんか足りなひ」っていう時に「おっ!これやん!」と

欠けたパーツにスカンッと入るというか。

単体では旨み成分ないのに不思議な存在だ。

しかもさ、これ食べたあとすごいトイレが近くなって

いらん水分が取れる(笑)

しかもしかも今はAmazonでも売ってるというこの便利さ。

食がボーダレスになりつつあるということを感じる今日この頃。

 

*余談ですがむこうでも日本食&インド食が浸透しつつあるようで、

料理のレシピ本もお土産にもらったんだけど、なんかもう

日本の食文化とあまりかわらなくなってたのに驚き( ゚Д゚)

↑あっでも米はさすがに違うよ!w

 

そして何が一番うれしかったかって、お嬢が私のホストファミリーと

直で会うことができて、これまた2○年ぶりに電話でお互いに話すことが

できたこと。

そもそも留学先がオーストラリアに決まるかもわからなかったし、

しかも私のホストファミリーが今住んでる地域に行くかもわからなかった

ので、私たちは本当に縁があったんだなぁと思いました。

 

あぁベジマイトの感想書くつもりが、なんか違う方向に(笑)

とにかくご縁に感謝です(。-人-。) 

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
さくら舞い散る中に忘れた記憶と・・・  

 のっけから歌詞でスマヌ。

ケツ○イシファンにはすみませんが、別に気分がこの歌とか

いうわけではなく。

近所の業○スーパーに行くと何故か必ずこの曲かかってるんだわ!

そりゃ有線だからしょうがないわな!(笑)

あと宇多田ヒカルの「Flavour of life」も!

逆にユーミンの「春よ、来い」はあまり聞かなくなりましたね。

そういや娘の中学の卒業式はアンジェラさんの「手紙」が〆だったな・・・

 

ま、そんな回顧録はさておき、ヤマトさん含めた運送会社さんが

大変なことになっておりますのは周知の事実(今更?)。

てかホンマ今更?!って思います。

いつもうちに配達してくれてるネコの配達員さんの様子がなんか

変やな〜と思ってたのが2年ほど前。

某ブラック運輸関係の元公社(前職)からすれば始末書+減給モノの

行動があったので、ご本人には「あまり無理されないほうがいいですよ」

(このまま続けたら多分メンタルヘルスに冗談じゃなく影響でる

と思われたので)とは思わず声かけたのですが、あぁやっぱ

そうやってんやと思いまして。

佐○さんも例にもれずってとこですかね、八つ当たり破壊捨て動画

見てたらですけど。

*あえて言うと、親である運送会社の過労させすぎという問題の

他にも、受け取る側の「自分は客だからエラそうな態度してアタリマエ・

配達員は下僕・身分の低いモノ扱いしてアタリマエ」という歪んだ

偏見もあるかと思われます。

申し訳ないがこれ前職の実体験からそう思ったりする。

 

別にこの件でいつも買い物してる甘存の価格があがるのはしょうが

ないよね、とか思いながら自分の注文した荷物の配送状況を調べてたら、

番号の候補先にFedexとかDHLとかでてきたんでちょっとびっくりしました。

今までヤマトか佐川か日本郵便しかなかったもので。

個人的には駅とかコンビニにロッカーの案はほんとありがたいですね。

自分の都合のいい時に取りにいけるほうがいいですし。

これもスペースの問題があるからそれはそれで諸手をあげてバンザイ、

とはいかないのかも知れませんけどね。

 

あぁ「♪ひゅるりぃら〜 ひゅるりぃ〜ら〜」から何故か

「♪終わらない〜冬の空から〜雪が舞いふる〜♪」と

同じケ○メイシで季節が逆流する現象が頭の中でループする・・・

 

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
私的初笑い  
評価:
Sia
RCA
¥ 1,207
(2016-10-21)

あけましておめでとうございます。

新年早々アレルギー症状でくっさめ連発の日々でございます。

 

さてまたCD買っちゃったよ↑

siaさんと言えば「Chandelier」のイメージがかなり強いですが、

っていうか「Chandelier」もむっさ大好きな曲なんですが、

もう彼女が歌えば何の歌でも、しかも全身に響きますね。

歌い方が似てる(と言われる)Rihannaとのコラボ曲とか

鳥肌たつぐらい好き(残念ながら今回のCDには入って

なかったけど)だし。

 

で、まぁCDの中にある「Move your body 」のPV(の1つ)にこんなのが↓

 

 

何故にStormtroopers?!と最初はびっくりしましたが、つべで関連動画

見てるとどうやら何年も前からディズニー某施設でSWのメンバーが

踊ってるみたいですね。

 

 

 

「○○(ここに国名が入る) got talent」を実はちょくちょく見てるんですが、

ここでは文句なしの優勝。

ってか中の人17〜24歳らしいです(笑)

 

ディズニーのステージではあのダースベーダー卿がマイコー・ジャックスンで

見事な踊りを披露していて、今年素で思わず笑ってしまった最初の動画となりました。

あんまり人多いとこって好きじゃないけど、いいなぁ、あぁいうステージ

見ながらみんなで楽しめるのって。

 

夢の国へは・・・死ぬまでに行けるのかどうかもあやしいところですが、

まぁ今年も黙々と己れのやるべきことをやろうと思います。

 

ではまた1年よろしくm(__)m

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
ありのままが美しい  
評価:
レディー・ガガ
Universal Music =music=
¥ 2,650
(2016-10-21)

ひさびさに音楽ネタだヽ(*´∇`)ノヤッホーイ

 

gagaさんのCDを買いました。

あちこちのレビューで書かれている通り、今までのgagaさんとは

違った雰囲気ではありますが、どうやら「原点回帰」とのこと。

奇抜&ダンサンブルな路線が好きな方にはご不満らしいですが、

「古き良きアメリカン」が好きな私にとってはこれ以上の

聞きやすいCDもないです。

むしろ今までの奇抜すぎるパフォーマンスが逆に痛々しく

見える・・・というのが本音なところ(でもそれも含めて

いろんなgagaさんが好きですけどね)。

 

ずいぶんと前「Bad Romance」でちらりと見えたgagaさんの

普段顔が本当に綺麗で、ずっと「普通のメイク」の方が綺麗だと

思っておりました。

なので本当に満足の1枚。

あ、日本版は同じ曲のRemixが入って非常にうっとおしいので、

わざわざ海外輸入盤を購入しております。

人によって違うと思いますが、私は同じ曲をテイストが違うと

いうだけで最後にまとめて詰め込んで、その分の楽曲代を

回収するというセコイやり方が嫌いなもので^^;

 

このアルバムの中では「Perfect Illusion」が一番のタイアップ

みたいですが、全部聞いて私が好きなのは「Dancing in Circles」。

「古き良きアメリカンが好き」と言いながらこれはむっさ

インドっぽいです(笑)

 

Baby don't cry
Baby don't cry
I'm singin' dancin' in circles
Feels good to be lonely
 Baby don't cry, baby don't cry

 Dancing in circles feels good to be lonely

 

泣かないで、輪になって踊ればさみしくないから、という意味にも

とらえられるし、輪になって踊るからこそ1人でいることが気持ちいい

とも訳せれますが、果たしてどっちなのか悩みどころ(ちなみに

私は後者のほうがしっくりくる)。

 

「Perfect Illusion」はあちこちで訳記事が出てるので今更ここで

書くまでもないでしょう。

もうgagaさんの奇抜さを十分凌駕している歌唱力に脱帽。

 

 

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
ぼっち旅はとても贅沢  

 行ってきたわよ。

 

 

姫路城へ!!!

 

いやー去年改装終わってから行きたいとずっと思ってたんだけど

足がなかなか動かなかったのよねー。

ついこないだ大妖怪展を観に行ってからの、この小旅路(笑)

鉄剤で少し(だけ)若返ってるせいだろうか。

 

ちょっとこの写真より時間遡りまして。

 

 

あまりになつかしくて思わず撮ってしまった^^; いやおばちゃんではなく駅ね

20年以上三ノ宮には来とらんなぁ・・・

相変わらず鎧着た方達はガシャガシャ歩いてるのだろうか(妄想です)。

JR大阪駅は相変わらずのダダ混み。

田舎モンだからあんな状態で毎日通勤してはる人を本気で尊敬します。

 

で、新快速の直通列車に揺られて姫路駅に到着。

そっからお城までのループバス(なんと¥100!)でサクッと大手門到着。

 

 

降りたところで早速パチリ。

いい具合に船でクルージングされてたので被写体にさせて頂きました。

どうでもいいけど橋の下をすごい体勢(頭あげてると橋にぶつかる

ので、みなさんかがんでます)でくぐっとりますな。

 

去年改装してからすごい観光客の人数なのがだいぶ

落ち着いた感じだったとはいえ、それでも普通に多かったです。

ただいわゆる観光地と少し違ったのは、「日本人の比率が大きい」

ということですかね。

だって金閣寺も清水寺も大阪城も日本語しゃべってない人のほうが

多いねんもーん。

もちろん姫路城にも海外のお客さん(しかもアジア系ではなく白人さん系)

結構いてましたけどね。

 

中入るとイベントやってたりしまして、お弁当食べてたり各自いろいろ。

でも無料はここまでで、天守閣へは別料金¥1000を払って行きます。

 

中の急な階段とか写真撮りたかったんですが、もうすごい人で

しかもずっと動きながら流れていくので、残念ながら画像はほぼなし。

 

 

でも最上階にある「刑部神社」は撮りました(横からだけど)。

個人的にここが目的地だったので、(お参りもしたし)ミッションはほぼ達成。

 

そしてまた怒涛の人の流れにのり、狭く低く確実に転げ落ちそうな

階段を降りていき。

 

なんかねー、パンフレット読んだら「ここが見どころ!」とか「どっかにこんな

ワンポイントあるよ!」的なこと書いてあるんだけど、そんなポイント見る

余裕がないねんわ、人多すぎて。

私は刑部姫に近付けた(?)だけで満足でしたが、城の構造とか知りたい人には

かなり不完全燃焼かもなぁ。

 

 

 

天守閣見学終わってからパチリ。

 

*ちょっと脱線

実はこの本丸見学の最後に「お菊井戸」があったので、喜んで(?)見させて

もらったのですが、底はすでにコンクリで固められ口には頑丈な金網が

はられておりました(お菊さんがいるいないに関係なく危険ですからね)。

で、私の近くにいた女性が写真を撮ってる人を見て

「あんなお化けがいる井戸にカメラむけたら呪われるんじゃないの〜」

と思わず苦笑してしまう発言を(隣の旦那さんにかな?)されたので、

遠慮なく即効タブレットを取り出してパシャパシャさせていただきました(笑)

旦那さんは苦笑されながら「考えすぎやろ」と言われておりましたが、

自分の嫁がそんな発言した瞬間に知らん女性が真っ向から否定する行動を

してたんで多分ビックリされたのではと思います。

 

・・・・・・・

あのね、心霊スポットに「恐いもの見たさで」「遊びのノリで」騒がせに

行く輩も嫌いですけど、亡くなった人を自分と同じ人間ではない、

化け物扱いする発言も好きじゃないです(気持ちはわからんでもないが)。

以前伏見のお稲荷さんに行かせてもらった時に、学生でもなんでもない

えぇ大人の男性が「ここで写真撮ったら心霊写真とれるかもよー?」

と素晴らしく綺麗な標準語で発言された時は、その場で説教してやりたい

衝動にかられました。

・・・・・・・

ちなみに井戸のほうはなぁーーーんにも憑いてなかったです(多分)。

そもそもお菊さんの話って全国にあるし。

もしお菊さんの話が本当だったとしても、彼女はもう行くべき場所に

行っているような気がする。

それにそこのお菊井戸、すんごい大きいんだよ。

貞子が放り込まれたような井戸を想像してたんだけど、貞子がまとめて

3〜4人は確実に放り込めそうな広さだったんだわ。

まぁだからといって誰もそこで死んでないとは断言できないけど^^;

 

閑話休題。

そのあと西の丸に行ったのですが、そちらのほうがゆっくり見れました。

構造的にもおもしろかったです。

って別に建築関係詳しくないけど。

 

 

城内の敷地に動物園発見。

「オオカミがいるかも!」と思って喜んで入りましたが、いませんでした・・・

ぱっと見30分ぐらいで見終われそうな小規模な感じだったのに、

意外や意外1時間ぐらいじっくり見てしまった(笑)

写真もいくつか撮りましたが、そっぽむかれてたり反射で自分が写ってたりで

ボツ案件ばっかりだったので、画像はないですm(__)m

 

いやそれにしても日帰りできちゃう現代ってすごいなとつくづく思いました。

行きの電車の中から須磨のあたりで「源平合戦地」みたいな文字が書いてある

石碑(?)を見つけたので、いつかトライしてみたいと思います。

 

*おまけ

 

姫路のおでんはショウガつき^^

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
ぼっち鑑賞はとても贅沢  

 行ってきたわよ。

大妖怪展」へ。

 

 

11/6(日)までと時間が限られていたので、1人でサッサカと。

いや昔なら誰かといっしょに〜とか女性らしい(?)考え

してたんだろうけど、生憎中身が年々オッサン化してますもので(笑)

 

もうずっと、マジで物ごころついた時から日本独特の「妖怪」

には並々ならぬ興味をもってました。

水木しげる先生の「大妖怪図鑑」なんか小学校に上がる前から

シリーズ揃えてたし(でももうウロ覚えですが・・・)

 

チケット買って、中に入ると。

壁のあちこちにこんな感じで妖怪が貼られてる。

ちなみに撮影できるのはここまでなので、中の写真はありません。

 

そして何が一番見たかったかというと

*HPからそのまま

 

これよこれ!!

百鬼夜行絵巻!!

特に左端!!!

HPにもデカデカ出てますが琵琶の付喪神(いわゆる古い道具に命が宿ったもの)

が好きなのです。

琵琶牧々のモデルというのは言わずもがな(とえらそうに言ってる私もつい最近

知った・・・というか同じ存在だと思ってた)

先に夢枕獏氏の「陰陽師」で付喪神である「玄象」のキャラを知ってるので、

もうあの子供のようなキャラしか思い浮かばないw

しかもお琴(琴古主)ひきずってるし。

 

こういうどんなものにも魂がある的な考え好きです。

もちろんいらないものは躊躇せず断捨離しますけどね(人間含めw)

 

1人で行って自分のペースで見れたので大変満足でしたが、なんだろね、

人気があるんだからしょうがないんだけど、展示物の前で後ろも周りも

全く気にせず占拠してる人達はなんなんだろう、と思ったりもしました。

人の流れにのって観るつもりだったんだけど、ほんと何分待っても

列が「全く」動かないので、外れて後ろから覗き込むように観ましたよ。

私だったらうしろの人が観やすいように少しずれたりするんだけど。

あと、親ばかりが楽しんでて子供は「???」な顔してる家族連れが

結構いて、あぁあの子ら気の毒〜と思ったりしました。

最後の最後に妖怪ウォッチコーナーがあったんで、そこしか面白くなかった

ろうに(実際途中の休憩ソファや隅でふてくされて座ってる小学生数名)。

 

まぁ観ているうちに段々気分が悪くなって(実は美術館に入った瞬間から

背筋が若干ゾクゾクきてた)、「もういいやお腹いっぱい」で出口から

出たのですが、出たその先でグッズや関連本などを販売してたので

買い物モードに突入。

当初は図録を購入するつもりだったんだけど、いろいろ見ているうちに

「あぁ・・・衝動買いもうやめよ」と思って結局やめた^^;

結局買ったのはこれ。

 

ボールペンとかだったら値段気にせず即買いしたんだけどなぁ

(確実に仕事で使うし)。

あ、中は普通のノートです。

 

とりあえずぼっちのお出かけが全然苦にならないので、次は

もちょっと遠出してみようと思います。

もちろん疲れで事故ったら嫌だから電車でですけどね。

 

本格的に寒くなる前に検討中^^

にきといふもの / - / - / 白黒大猫  
: 1/11 : >>
債務整理太陽光発電